ct_company

会社名
代表者
創業
法人設立
所在地
事業案内






連絡先
株式会社アイエヌジー
石橋 健二
2001年8月
2006年10月
東京都江戸川区北小岩1-18-2 ファースト北小岩 1F2号
Planning Director's (催事演出部)
ココタネプロジェクト (ココタネ事業部)
koko-music (ココミュージック事業部)

主な取引先
過去の実績

TEL:03-6801-7881 FAX:03-6801-7882
E-Mail:メールフォームからお問い合わせください

※迷惑メール対策のため、WEB上でのメールアドレス表示を控えています。お問い合わせ・ご連絡はメールフォームよりお願いいたします。

現在、少数精鋭で活動しているため、常駐の事務員などは配置しておりません。メールが一番連絡の取りやすい方法となっております。
お客様に出せる見積りを極力抑えるために無駄な経費を抑えるように勤めております。どうぞご理解くださいませ。


由来は代表の石橋が、独立前に所属していた会社にいる頃より決まっていました。

株式会社アイエヌジー、法人化前は「アイエヌジー」として営業してきました。アイエヌジー、つまりing進行形です。
技術畑である舞台技術スタッフの組織は職人気質が今でも色濃く、親方(TOP)を頂点とした縦社会が色濃く残っているようです。 TOPが「もうこれで十分」と思ったときに組織の成長は止まります。あまつさえ今までの経験と知識だけにしがみつき、新しいことや現状というものに目を向けられなくなったときには、部下の成長や学びさえも阻害しようとする傾向も多少見られます。

そのような事にならないよう、それは自分自身への戒めも込めてingとしています。 社会の変化・新しい技術・古きよき技術・それら全てを、学び続ける・成長し続ける・貢献し続ける・・・だから弊社の名前はアイエヌジーと名づけました。

岩手県において日舞、民謡、ブライダル、バンケット等を手がける。 舞台照明の修行をする。

その後盛岡の制作会社に移籍。主に会館管理部に所属し地元舞踊団体の発表会や式典、ツアースタッフの受け入れなどの業務に従事する。 照明業務のほか舞台業務も兼任する。

後に仙台の舞台制作会社へ移籍。某有名演歌歌手の舞台監督としてコンサートツアーをまわる。 当時、年間約100本前後有るツアーのため仙台に居る事は少なく、ほとんどどこかの地方にいる生活を続ける。
全国の会館、ホテル、アリーナなどを縦断。

2001年同社を退職し、「アイエヌジーを創業」 
>> 現在までの実績はこちら